Voice
参加者の声

参加者の声

大学で学んだことを
実践できる経験を
体験することが出来ました

法政大学 4年生

柳原 千尋

ミンスタに参加することを決めたきっかけは、”内定を取るためだけのサマーインターン”に参加したくないと思ったからです。
企業の抱えるリアルな課題にたいして自分たちで解決案を提案し、優秀な案については実行をさせて頂けるという実践型インターンのようなものでした。

私はマーケティングの勉強を大学でしていましたが、座学の授業なので実践的にマーケティングを使ったことはありませんでした。しかしファシリテーターの方にサポートしてもらいながらマーケティングを活用した解決案を提案するという経験をさせて頂きました。

慶應義塾大学 2年生

立岡 佑亮

コンテストでは企業の経営層にフラットな立ち位置でアイデアを提案できる。そしてフィードバックを貰える。大学のプレゼンではなく、社会で通用するテクニックをファシリテーターや企業から直に教えてもらえた。それが大きな学びになった。
世の中に学生がお金を払わなければならない経営塾は多いけれど、逆にミンスタは全くの無料もしくは報奨金がもらえたりする。学生にとっては本当にありがたいサービスだと思う。

企業やファシリテーターから、
大学では学べない㊙テクニック
の数々を教えてもらえる!

単にアイデアを出すだけではなく
予算をもらって実際に
プロジェクトを実行する面白さ!

法政大学 3年生

城間 純平

企業からの課題に、他大学の人たちと一緒にアイデアを考えて、「プロジェクト」をこなすのが楽しい。企業がどういった悩みを抱え、何が最適解になるのか、自分が考え提案した過程がログとして記録されるから、就活の実績になるし、何より単にビジコンに参加してアイデアをだすだけでなく実際にプロジェクトの運用を行えるのが、本当に貴重な経験だった。プロジェクトを完遂できるのか自分の力が試されるし、やり遂げた後に大きく成長できたのが実感できる。これはもはや、インターンシップを越えた「何か」だ。