PROJECT
プロジェクト

《世の中を変えたい系学生向け》 シリアルアントレプレナー渋澤栄一のDNAを継ぐ、渋澤健来る(招待制)

【イベント概要】2018年の幕開けにあたり、ある企業のトップが年頭所感を述べています。「人類が火を見つけたような強烈な産業革命下に入っている・・・」。

ちょうど今年は、明治維新150周年。鎖国から開国へ、封建国家から近代国家へ。日本史上最大の、劇的な体制革命の記念YEARです。

明治維新が実現できたのはなぜでしょうか?それは当時の20代、30代の若い人たちの世の中を変えようという強い意志と行動力によります。

今まさに、AIや、ブロックチェーン、電気自動車などを引き金とする、新しい革命が始っています。ここで、今我々は何をするのか?

世の中を変えたいあなたにとって、絶好の機会到来です!!!

【セミナー予定内容】

・世の中を変えるには、世の中の問題にフォーカスし、問題解決の方法を考える必要があります。

・問題解決を行うにあたり中央省庁の官僚になるのか、企業に入社するのか、はたまた起業するのか?いろいろ方法はあります。

とくに最近は学生時代から起業する人も増えてきました。

・たしかに、自分の意志で思うように問題解決するためには、起業は有効な方法と言えましょう。

皆さんのような優秀な学生であれば起業をして、資金を調達すれば、それなりの事業はできるでしょう。

・しかし、世の中を変えるような大きな事業を成し遂げるためには、良いお金の出し手を味方につける必要があります。

投資する人から見たとき、お金を出したい事業とは何かを知っておく必要があります。

(これは、官僚や企業人が事業の予算を獲る時も同じです。)

・そのとき、渋澤栄一が起こした500社以上の起業活動は大いに参考になります。

・渋澤栄一は、単に自身がお金儲けできればいいということではなく、日本の産業自体の創出を考え、一社一社の起業に関わってきました。

民間だけでなく政府を巻き込んできたことによって国全体を動かすことができたのです。

・この世の中を変えるにあたっての精神が「論語と算盤」集約されています。

この精神は起業だけではなく、企業人や官僚として、王道を行くすべての活動にも同じように当てはまります。

皆さんが行動を起こすにあたってぜひとも押さえていただきたい重要事項について渋澤先生に語っていただきます。

■講師プロフィール■

1961年、渋澤栄一の5代目子孫として生まれる。

テキサス大学工学部を卒業したのち、

1984年には財団法人日本国際交流センター入社。

1987年にはUCLA大学MBA経営大学院を卒業後、

ファースト・ボストン証券会社(NY)、JPモルガン銀行(東京支店)、

ゴールドマン・サックス証券会社(東京支店)等を経て、

2001年、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社創業。

2007年、コモンズ株式会社創業。2008年にコモンズ投信会長となる。

■日時■

2018年1月27日(土) 13:00~16:00

■場所■

東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ1006

(ファミリーマート横の通路を奥に入りエレベーターで10Fに上がっていただき、左手奥になります。)

 ■費用■

無料

本イベントは特別招待制です。

参加希望の方は申し込みボタンを押さずに「info@sacco.co.jp」までご連絡ください。

申し込むにはログインしてください。